受講者さんの声

 

「時事英語は新鮮で飽きず、知識欲をそそられます」 C3 コース Y. N.さん

C2コースからお世話になっています。当時リスニング点数が人に言うのも恥ずかしいほど低かった私が、リスニング力が上がり準1級に合格できたのも、こちらコースのおかげだと思います。また準1級の単語は、特別勉強せずともC2クラスで覚えた単語で十分でした

現在はC3クラスに在籍していますが、時事英語は新鮮で飽きず、知識欲をそそられますし、レッスン中、先生は日本語を使わず、文法などでも英語ですべて説明されるので必然的に集中力が高まります。また、この教室では茅ヶ崎方式の教材だけでなく、オリジナルの教材を使って、いろいろなことを教えてくれます。

今年は私たちが中学、高校などではあまり習わなかった冠詞の使い方を毎月詳細に教わっており、英語圏の文化ではいかに冠詞が大事かということが少しずつわかってきました。定冠詞、不定冠詞の使い方を一つ間違えただけでも、あるいは省略してしまった場合、話の内容がガラッと変わってしまうこともあります。

そして少人数制クラスと低料金で、多くの人に質の高い英語を学ぶ機会を与えたいという、十条教室のポリシーが気に入っています。

現在、私は仕事に追われ、自宅での英語の勉強時間が十分には取れない状況ですが、英検1級合格を目指してこれからもこのクラスで、がんばります!



「キャリアアップを目指して」C1 コース S.T.さん

社会人になって2年半で、若気の至りから会社を退職してしまい、現在派遣社員をしています。後悔あとに立たずです。毎回、派遣先の契約期限終了が近づくにつれ不安が募ります。特別のスキルを持っているわけでもないし、年を取るにつれ職の選択肢がどんどん狭くなっていくことが予想されるからです。

この状況を打開するために英語力をつけることに決めました。体験レッスンを何ヵ所か受けてみましましたが、先生のレベルが高く少人数制の茅ヶ崎方式十条英語教室を選びました。授業料金が安いことも魅力的でしたね。英語は学校を卒業した後、ほとんど勉強していなかったのでC1クラスからです。最初の頃は期待よりも、クラスについていけるかどうかの心配のほうが大きかったです。

でも入会して数か月で、語彙力がアップしていき、英語のリスニングも少しずつ理解できるようになっていきました。またそれに比例して自分に自信もついてきたような気がします。先はまだまだ長いですがキャリアアップを目指して、英検1級やTOEICの高得点が取れるよう、C3コース修了までは絶対に続けるつもりです。


 

「コスパが良い通訳コース」 プロ通訳養成 コース M.I.さん

前は、他の茅ヶ崎方式英語教室でC3コースを受講していました。そこで一通り、学ぶべきことは学んだので、次のレベルへ挑戦したいと考えその後、よく知られている通訳学校に一年半ほど通っていましたがやめました。理由は授業料が非常に高い割に、レッスン内容がそれ程でもなく疑問を感じ、金銭的にも苦しくこれ以上長く続けられそうもなかったからです。

もっとコスパが良い学校がないかとネットで探していて、今年の3月に、十条英語教室の通訳コースを知りました。なんといっても月謝が安いし、1クラス7人までの少人数制。でもレッスン内容はどうなんだろうと思いながら、無料体験レッスンに参加しましたが、驚きました!以前通っていた通訳学校より、レッスンの中身が濃く体系的で、受講されている生徒さんのレベルも高かったからです。ホームページに書かれていることは本当でした。そしてその場で入会を決めました。

現在、このクラスで他の生徒さんについていけるように悪戦苦闘しています。それでもはっきりと着実に実力向上を感じているので、これからも一生懸命、そして楽しんでクラスに通いたいです。


 

「目標を叶える選択肢としてOne of the Best」 C3 コース K.W.さん

C2(中級)クラスから十条教室に通っています。C2クラスにいる間に通訳案内士の試験に合格できました。英文和訳、和文英訳、リスニング、などにおいて、クラスで学習した内容が大変役立ちました。購読している週刊の英字新聞をスムーズに理解できるようにもなりました。

現在はC3(上級)クラスに参加していますが、授業には予習と復習が必要です。内容はテキストを読むこと、聞くこと、単語を覚えることです。また、英文の暗記、英語構文の暗記、慣用語句の暗記もあります。その結果は毎回のテストで確認できます。家庭学習が必要なので張りのある、規則正しい生活を送るようになりました。

元々は、CNNやBBCの英語が分かりたい、映画を英語で楽しみたい、政治や文化を含め様々なことを英語で話してみたいと思い、この教室に通い始めた私ですが、ネイティブ並みに英語を駆使するのは、まだ遠く長い道のりです。目標を達成するには様々な勉強方法があると思いますが、私にとって、この教室はそれを叶える選択肢としてone of the bestと思います。

駅から近く、授業料は財布にやさしく無理なく通えるところも気に入っています。

今回の東京オリンピックでは、通訳専門として都市ボランティアをしますので、海外から来られる方々への「おもてなし」に向け、更に英語学習に精進したいと思います。


 

「通訳デビューも果たしました」 プロ通訳養成 コース A.F.さん

平野先生のご指導の下、その間に通訳ガイドの仕事も始め、通訳デビューも果たしました。クラスで学んだことを家に戻って、何度も繰り返す事により、定着し、自分の物となり、実際の現場でもとても役立っています。

大手の通訳学校にも数年通いましたが、大人数で無味乾燥した、型にはまったベルト・コンベア式のレッスンで、ただ苦痛でしかなく、長続きするものではありませんでした。もっと長いスパンで、マイペースで地道にコツコツと英語を定着させる学校を探し求めていた時に出会ったのが、こちらの通訳養成コースでした。英語速記、英語手話、同通のレッスンもあり、毎回の日英―英日の教材も旬な内容のものを探して下さっています。

通訳の仕事で、欠席せざるを得ない事も多いのですが、それもこちらでお世話になっているお陰だと思っています。これからも現状に甘んじることなく、仕事をこなしながら、トップレベルの通訳者になることを目指して長く通うつもりです。どうぞ宜しくお願いいたします。


 

「定年後に向けての小さな投資」 C2コース (個人レッスン) T.A.さん

何故私が十条教室で個人レッスンを受講しているかをお話したいと思います。私は、あと6年足らずで、定年退職を迎えます。その後の人生設計を考えたときに、今の時世、年金だけでは生活が苦しい可能性が大きいですよね。今の会社と再雇用契約も出来ますが、役職もなくなり、給料は安くなります。そして上司と部下の関係が反転します。

現在、元上司の方が昔の部下にぺこぺこしているのを目のあたりにしていますので、この選択はしたくありません。しかし私の仕事は事務業務関係ですので退職後、他の会社で条件の良い仕事を見つけられそうもありません。

そこでこれが私の立てた計画です。定年退職後、故郷に帰り、茅ヶ崎方式英語会の協力校を自分で設立したいです。東京は英語学校が多く競争が激しいので、新しい教室を開くのは難しいかもしれません。しかし私の故郷では周辺に、社会人向けの“実力派”の英語教室はありませんので、実家で教室を開きたいと思います。

この計画を実現するために、少なくとも今後5年程この教室にお世話になり、英語の実力をしっかり身につけ、教授法及び事業運営の仕方も習得したいと思います。(← 先生の了承済みです)


 

「充実したレッスンが受けられる」プロ通訳養成 コース E.M.さん

学生の頃から英語が大好きで、当時からいくつかの英会話教室や英語学校に通ってきました。その結果、英検1級、通訳案内士の試験にもなんとか合格できました。大学卒業後の現在は、自宅で小中学生、高校生用の英語教室を開いており、生徒さんたちに英会話や、受験英語などを楽しく教えています。

しかしまだまだ自分の英語能力には満足していません。更に英語力に磨きをかけたいという思いがあったのです。そこで、暇を見つけては都内のいくつかの通訳学校の体験レッスンを受けてまわりました。そして、最終的に選んだのが茅ヶ崎方式十条英語教室の通訳コースでした。

最大の魅力は低料金で少人数制、そしてアットホームな雰囲気の中、充実したレッスンが受けられるということです。毎回の英日・日英レッスンの内容も幅広く、とても興味深く学べます。また週に1回のレッスンで無理なく通えることも、自宅で英語教室を開いてる私にとっては都合がいいです。先生これからもご指導よろしくお願いいたします。


 

「とても新鮮で中身が濃く、生きた英語」C3 コース K.S.さん

考えてみれば大学では英文科を卒業し、外資系の企業に就職してからはTOEICの点数を上げるための勉強に夢中になり、それなりの目標点数も達成。でも本当の英語の実力がついたとは思えませんでした。

私が最初に「茅ケ崎方式英語」を目にしたのは、ネット上でした。英語学校を探している際に、たまたま茅ヶ崎方式英語本部のサイトにたどり着きました。このサイトで茅ケ崎方式の教科書の中身を見て「今まで自分は一体何を勉強してきたのだろうか?」とショックを受けたのを覚えています。

茅ケ崎英語は、とても新鮮で中身が濃く、魅力的な生きた英語です。リスニングで扱われている内容はcurrent Englishであり、興味深くまた集中力が要求されます。そして早速、十条英語教室への入会を決めました。

以前にも何件か英語学校に通ったことはありますが、ただその場に行って習って、それで終わり。という感じの所が多かったです。でも茅ケ崎方式英語の場合は、事前の準備なしでは授業に臨めません。日々忙しさに追われていると、日常生活の中で英語と向き合う時間を十分にとるのが難しいのは事実です。しかし少しでも実用英語と向き合うことは私には貴重なことです。努力する分、着実に力がつくからです。

先生はアメリカでの生活が長いため、時折、特にアメリカに関連した話題となると、ご経験に基づいた解説をしてくださいます。これもメリットです。

十条教室に入会してかなりの年月が経ちますが、更にたくさんのことを学び、英語力を伸ばしていきたいと願っています。


 

「自分のペースに合っている」 プロ通訳養成 コース H.U.さん

アメリカ留学が4年ほど、その後あるセミナーの通訳をやったことがきっかけで、本格的に学んでみたいと思うようになり、以前プロを目指す人の為の会議通訳コースを受講していた事があります。そこでは週3日、来る日も来る日も単語の暗記をし、かなりの時間を勉強に費やし、心身ともにかなり疲労困憊してしまいました。そして少し離れてみようと思った時にこの学校と巡り合いました。

ここで長く続けられているのは、一つには自分のペースに合っているからだと思います。独学で通訳者になるための勉強をするのは限界があります。このクラスは週1回ですが、ちょうどいい時にクラスがあり、宿題も適度にあり、クラスの人数も多くもなく少なくもなく、クラスメイトの訳を聞いていると、とても勉強になるし刺激も受けます。

授業内容もカジュアルな日常の話題から医療分野や政治、経済、科学技術、文学、教育分野の話など、多岐に渡ります。単語も繰り返し勉強しますし、日英両方の通訳の仕方を学びます。構文やイディオム、英語の速記、今年は英語の手話の時間が入りました。ベーシックの勉強と少しずつ新しいものが入ってくるので、飽きる事なく続けられます。引越しをして少し遠くはなりましたが、それでもここに通いたいと思える学校です。


 

「総合的な英語力の底上げができる教室」 C3 コース A.O.さん

TOEICで900点を超えるスコアを持っていたので、もうあまり新しいことを覚える必要はないかなと漠然と思っていたのですが、この教室に入ってまず、知らなかった単語や、意味がわかったつもりでいたのに適当な訳語が見つからない単語の何と多かったことか、と驚き、まだまだ勉強すべきことがあったと痛感しました。

ここは、ただ単に和気あいあいとした雰囲気で楽しく英語を学べるといったことを主な売りにした英語学校とは一線を画す、総合的な英語力の底上げができる英語教室だと思います。

語彙、イディオム、文法、英作文、聴き取りとぎっしり中身が詰まったレッスンは、緊張感に満ちていてなかなか骨が折れますが、レッスンを終えるたびに必ず何かしら新しい知識が身についているという印象です。

また、レッスンで時間が余ったとき(頻繁にはありませんが)には、シャドーイングや英速記といった専門的な技術の紹介をしてもらえることもあって、モチベーションの維持に役立っています。英語力を高める必要のある人、目的を持って英語を勉強したい人にお勧めの教室です。


「1レッスンで30回から40回ぐらい自分の発言する番が回って来る」
 C3 コース M.H.さん

わたしは、いままで三つのタイプの英語教室に通ってきました。一つ目は、英語ネイティブが先生であるマンツーマンのレッスン教室。でも殆ど学習したことが記憶に残っていません。何か質問しても、それはそういうものだから暗記してくださいというだけでした。

二つ目は、やはり英語を母国語とする講師の少人数のグループレッスン教室。これらは、いくつかの文型を使って会話をしながら英語力をつけさせる方針をとっていました。が、実際は、先生の質問に定型通り答えるか、とりとめのない会話をして終わっていました。その会話も文法的に正しいのか、あるいは英語使用の談話としてふさわしい言い方であるのか、ほとんど注意が払われていませんでした。

というのも、講師はこちらの言うことが不完全でも推測して納得し、それでよしというものだったからです。日々とりくむような宿題もなく、レッスン日限りの英語とのふれあいでした。先生や仲間とのやりとりが楽しかったのは事実ですが、自分の英語力が向上しているという実感はもてず、ある期間通ってやめました。

三つ目は、自宅の近所にある茅ケ崎英語メソッドの英語教室でした。そこで、いままでとは違う英語学習法と出会うことができました。まず、やるべきことがしっかりと提示されました。テキストの単語を覚えることと、その読み込みです。テキスト内容は、ニュース英語に特化していて、単語も英語の文章も相当に難しいものでした。リスニングは、文法の整った時事ニュース記事を使いました。茅ケ崎メソッドは、徹底的な単語力と聴解力が最も大切で、まずはそれらを身につけようという方針です。

茅ケ崎方式では、単語を覚える、難しい文章をなんとか読みこなす、リスニングテープを何度も聞いて理解するという準備タスクも必要になってきます。その成果として、単語力は上がり、読解力もつき、リスニング力もアップしていきました。けれど残念なことに、そこの教室にも難点がありました。月謝の高さと、学習者のレベルがまちまち過ぎたということでした。

そこで、たどりついたのが、同じ茅ケ崎メソッドを使う十条英語教室です。月謝は、以前の茅ヶ崎方式の英語教室よりかなり低額になりました。しかし、授業の内容量は、それに反して増えていました! しかも少人数制により、1レッスンで30回から40回ぐらい自分の発言する番が回って来るので気を抜いている暇はありません。

更に、先生が様々のオリジナル教材を用意して下さるので、授業までにこなす準備も相当に増えました。その結果、リスニングやリーディングに対する理解力が高まって早くなり、自分の英語力が伸びていることが実感できています。それは、学ぶことの一番の喜びではないでしょうか。

学問に王道はないと言いますが、英語学習もつくづく同じだと思います。どれだけ地道にやっていくかが鍵ではないかと。成果は、必ず現われます。そのことを教えてくれたのが茅ケ崎メソッドです。そしてそれを無理なく続けられるレッスン料金で、自分の準備学習を授業に反映できるのが十条教室の効率的な英語教授法だと思います。